レーシックの手術前

レーシックの手術前の準備についてここでは流れを紹介していきたいと思います。レーシックの手術を受けるという場合には行ってすぐに受けられるというものではありません。やはり手術ですからその前に行われる検査などをする必要があります。レーシックの手術の検査状態によっては受けられない人も中にはいるかも知れませんので注意しましょう。レーシックの事前の検査は無料で行っているクリニックが多いですから、まずはカウンセリングや無料検査を受けてみてレーシックが受けられるかどうか確かめてみるのがいいでしょう。レーシックを受けたいと思ったら、まずはクリニックを探して、クリニックへ行き、問診票を書きます。問診表では、コンタクトレンズを使用しているのか、メガネなのか、今飲んでいる薬について、視力検査、角膜の厚みの検査などが行われます。
具体的なレーシック前の検査としては屈折力を検査したり、視力検査、眼圧測定検査、角膜形状測定検査なども実施されます。また暗所測定検査なども行われています。その後検査をしてから眼底検査をして、調節力をなくした状態で近視や乱視、遠視がどれくらい進んでいるのかを測定していきます。そして瞳孔を大きくするための目薬をします。これが効いてきたら瞳孔が開きますので、目の中に入ってくる光の状態が調整できない状態で視力を測って、検査が続きます。そして医師が診察をして、手術が受けられるかどうかが決まります。